老若男女 | カタログギフト | ゲーム | 一年分 | センス | 美容グッズ | 少人数 | 健康グッズ | 景品の予算 | サイト案内

多くの人に喜ばれる、二次会の景品とは

景品の予算

二次会の景品で人気結婚式が終わったあとの二次会は、挙式や披露宴に比べて
参加者が自由に楽しむことができます。
そのためには、しっかりと予算を立てた上で、それなりの準備が大切となります。

万全な準備

そこで、基本的な予算の組み方や相場、注意点などを押さえておきましょう。
結婚式の二次会に限らず、予算を組む際には、最初に規模や種類、
参加者の人数などを大まかに把握することから始まります。

たとえば、カジュアルな内容あるいはリッチな雰囲気などを好む場合もあれば、
ゲームなどを主体とした盛り上がり型の雰囲気を好む場合もあります。

盛り上がり方

それらは新郎新婦や参加者などの趣向によって決定され、それに伴って
用意する会場や景品も変わってくるでしょう。

こうして、大まかな金額を見積もっていきます。

次に参加人数や、一人当たりから徴収する会費などの決定に移ります。
慣習としては、女性よりも男性から多目に徴収するのが基本的ですが、
そこは状況に応じて対応するようにしましょう。

この際に注意すべき点としては、黒字にはならなくても
大幅な赤字にさせないことを意識することです。

ある意味ここが一番の山場であり、時間をかけて慎重に考えるようにしましょう。

大まかな相場としては、たとえば一人当たり5000円を徴収するとして
参加人数が50人程度であれば、ベースとして25万円が設定され、
それに新郎新婦の負担額などが加算されることになります。

景品や会場を豪華にすればするほど金額は高くなりますが、
無理して高価にするよりも、あくまで内容や雰囲気、趣向などによって
決めるようにしましょう。

Copyright(c)nijikai present All Rights Reserved.