老若男女 | カタログギフト | ゲーム | 一年分 | センス | 美容グッズ | 少人数 | 健康グッズ | サイト案内

多くの人に喜ばれる、二次会の景品とは

少人数

二次会の景品で人気二次会を開く時には少人数で行うという人たちもいるでしょうが、
こういった場合に景品を用意する時にも注意は必要です。

気をつけておきたいのは、用意する数が少ないからといって適当に選ばないということです。
きちんと目玉となる景品を用意して、二次会を盛り上げたいものです。

選ぶ際の注意点

なお、大人数で二次会を行う場合には、5人から10人に1人ぐらいの割合で
景品が当たるようにすると、ワクワク感が程良く刺激されて盛り上がりが期待できるものですが、
少人数の場合であれば、全員に当たる数の二次会景品を用意するという形にするのも手です。費用を抑える

ただし、ランク付けはして、きちんと刺激は出るようにするのです。
例えば、20,000円台ぐらいの金額で、5個ぐらいは用意できるものです。
一番良い景品をバリスタにして、次に豪華な景品を国産米などの食べ物関係の物に、
その下の景品はバウムクーヘンなどのお菓子にするといった感じにします。

選び方次第で、さらに費用を抑えることもできるでしょう。
もし目玉となるアイテムをもっと豪華にしたい場合には、その他のアイテムのランクをすべて下げたり、
1個は残念賞と呼ばれるようなちょっとしたギャググッズのような物にすると
うまくバランスが取れることでしょう。

なお、このギャググッズにするという工夫が結構大切です。
というのも、ただ安い物にすると、楽しい場である二次会の景品として相応しくないからです。

ギャグの要素があれば笑いが生まれますから、雰囲気は壊れにくいものです。

もちろん、参加者全員に何かしらの景品が渡せるぐらいの予算の余裕が
あるのであれば、あえて均等に価格設定をして、平等に渡すというのも
喜んでもらうためには有効的な方法です。

やはり、ランク付けをした場合、最下位になってしまった人としては
どうしても妬ましいという感情が出てきてしまうのも普通のことですので、
残念な気持ちにさせないための配慮をするのも気の利く幹事のできることです。

Copyright(c)nijikai present All Rights Reserved.